映画「道草」

所長です。
昨日、プライベートで映画を観てきました。タイトルは「道草」
自閉症で重度知的障がいの青年が、支援者付きの一人暮らしをしている様子を描いたドキュメンタリーでした。
さまざまな生きにくさを抱えた人たちが介護者との信頼関係を築きつつ、支援を受けながら暮らしている様子が描かれていました。
鳥が空を飛び、魚が海を泳ぐ事と同じように、人が社会で生きる事はかけがえのないものであるとコメントを寄せていられる方もいました。
そうだなあと思いました。
多くの人に観てもらいたいなあと思いました。
(また上映会開きたくなりました。)

コメントは停止中です。